50万人まで対応--ブイキューブとアカマイ、PCケータイ同時ライブ映像配信へ - (page 2)

田中好伸(編集部)

2007-11-07 21:08

 ネット経由のセミナーというのならば、参加者が見たい時に見られるオンデマンドでのダウンロードあるいはストリーミングという手法も存在しないわけではない。しかし、「ライブで配信する価値が評価されている」と間下氏は、リアルタイムのウェビナーの価値を強化している。

 「やはりライブでの映像による臨場感や質疑応答は、参加者に満足感を与えている。オンデマンドと比較すると、事実、ライブの方が視聴率が高い。また、ウェビナーの受講者という点でも、ライブはオンデマンドの2〜3倍になっている」(間下氏)

 ネットを経由した動画配信は確かに拡大しており、閲覧できる端末はPCのほかにも携帯電話やゲーム機、テレビにも広がっている。今後は、さまざまなネット端末に適した動画配信サービスが同時にリアルタイムに提供されるようにもなるだろう。そうした視点で考えたときに、今回のサービスがもたらす意義は過小評価できない。PCと携帯電話の両方に同時に、しかも最大50万人までに配信できるからだ。これまで特殊だった携帯電話へのライブ映像配信を、ネット経由でPCと同時に動画配信できるようになったのだ。

 しかし、携帯電話でのウェビナーは今後、普及していくのだろうかという疑問を感じる読者もいるだろう。大きくなっているとは言え、PCのモニター画面と比較すると、どうしても小さいと感じられるだろう。

小俣修一氏 アカマイ代表取締役社長の小俣修一氏

 こうした疑問、つまりは携帯電話でのウェビナーの普及可能性について間下氏は「携帯電話での受講者は今後全体の2割になるのではないかと見ている」と話す。「企業内でも外回りがメインの社員がいて、そうした方が社内セミナーを受けるという点でニーズがあると思っている」と見ている。こうした見方には小俣氏も「ECの3割が携帯電話ユーザーであることを考えると、そうした見方は外れではないと思っている」と同意している。

 「デパートなどでの化粧品の販売する人たちは、新しい商品情報を得ることを考えると、携帯電話の方が手間がかからないだろう。また、保険外交員の人たちも、事務所によるよりも携帯電話で新しい情報を獲得する方が手っ取り早いと思える」(小俣氏)

 PCでの利用がようやく盛り上がりを見せるウェビナーだが、今後は携帯電話での利用も活発になる可能性を秘めている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]