エンタープライズでモバイルするには--vol.4:豪の食品メーカー、営業チームのビジネスプロセスを改善

文:Davi Braue(ZDNet Australia)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年11月13日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーストラリアの食品メーカーであるSanitariumは、慎重に管理しながら営業チームにモバイル機器を浸透させることによってプロセスを改善させている。数年前にモバイル機器を導入しようと試みたときには期待した成果が得られなかったが、ようやくその忍耐が実った。

 Sanitariumは、Weet-Bix、Marmite、Up&Goといった製品、その他多くの大豆食品、菜食主義者向けの食品、その他の健康食品などの有名ブランドの家庭用食品を製造している。同社は約70人の営業マンを採用しており、営業マンは常にオーストラリア各地に出張し、製品の販売促進、店内の販売促進活動のチェック、そして小売店の顧客との全般的な連絡窓口として働いている。

 Sanitariumがこの営業チームにモバイルコンピュータを導入しようと検討を始めたのは10年近く前のことだった。常に移動して遠隔地にいる営業チームが中核ビジネスシステムによりスムーズにアクセスできる必要があると判断したからである。しかし、ノートPCの短いバッテリ寿命、適切なアプリケーションの不在、複雑な同期の問題によってこのプロセスが極めて難しいことが判明し、この取り組みは放棄された。

 数年後、モバイル技術の進歩、特にハンドヘルドコンピュータの台頭によって、Sanitariumは再びモバイル導入計画を検討するようになり、長期にわたって成果が出るようなアプローチを採用することになった。このモバイル導入の大きな目標の1つは本社オフィスとのデータのやりとりを改善し、それによって会社と営業チームの業績をより明確に把握できるようにすることだった。

 「自分たちの手でシステムの展開を管理し、将来的にはソフトウェアベンダーに頼ることなく継続的にソフトウェアを開発できるようにしたいと考えていた」とSanitariumの営業システムアナリストのWayne Hawken氏は語る。「また、適切なタイミングで会社にオンデマンドのリポートを提供できることも重要だった」

O2の上でO4を運用

 市場に出回っている各種の製品を比較検討した結果、SanitariumはO4 Corporationの営業チーム自動化ソリューションを採用することに決めた。しかし、ソフトウェアの選定はモバイル導入という長い航海のほんの始まりに過ぎなかった。より切実なのは営業マンにモバイル機器を実際に配布し、それを根付かせる作業だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
モバイル

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化