世界水準の先進性と日本水準のこだわりを両立--ビジネスモバイル機として見る東芝のノートPC

林信行 2008年06月05日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1990年代前半までのPC業界は、OSこそMicrosoftやAppleといった海外企業に牛耳られても、PC本体、つまりハードの販売では日本メーカーが圧倒的存在感を放っていた。しかしその後日本メーカーは、家庭向けPC市場では人気を保ちながらも、エンタープライズ市場での優位性は失い始めた。日本を代表するPCメーカーで、ノートPCの先駆者でもある東芝は、この状況にどう立ち向かっているのか。東芝 PC&ネットワーク社 PC第一事業部 PCマーケティング部 主務の荻野孝広氏に、同社のビジネスノート機の要諦を聞いた。

世界市場でも勝負をつづける

--「dynabook SS RX」などの最新機種について伺う前に、まずは御社のノート型機の状況をおさらいさせてください。東芝のノート型PCといえば、1993年から2000年までノートPCシェア7年連続世界1位を獲得するなど、日本だけでなく欧米市場でも人気が高い印象があります。海外での展開は今でも続けているのでしょうか。

荻野氏 東芝 PC&ネットワーク社 PC第一事業部 PCマーケティング部 主務 荻野孝広氏

 はい。東芝のノートPC事業は、今日でもグローバル展開を続けています。東芝のノートPCは、世界での年間出荷量が1000万台を超えていますが、やはり欧米向けの出荷が大きいですね。一時は日米欧の市場が3分の1ずつくらいの割合に近づいた時期もあったのですが、やはり今では欧米が大きく、改めて海外市場の大きさを感じます。

--やはり、グローバル展開をすることの強みは、そうした大量生産時のスケールメリットでしょうか。

 そうですね。東芝ではこのスケールメリットを製造コストに反映し、同じ価格でも他社より少し進んだ製品の作り込みができています。

 それだけではありません。例えばRoHS(欧州における電子機器の特定有害物質の使用制限)など環境への配慮の基準は、日本やアメリカよりヨーロッパの方が進んでおり、断然シビアです。我々はヨーロッパでも製品を展開をしている以上、こうした高い基準にあわせざるを得ません。これは見方を変えれば、一歩進んだ環境への配慮を取り入れることができているということでもあります。

 また、グローバル展開をすることで、製品が常に世界の最新トレンドにさらされることにもつながります。

--製品は世界中で同じものを展開しているのですか?

 ええ。基本的には特定の市場だけに的を絞らないグローバルな製品を開発しています。ただし、どの製品を市場に出すかは、個々の市場のエリアマーケティングに委ねています。また、それとは別に、グローバルでビジネスを展開している大口顧客には、それぞれ個別の対応も行っています。

--国際派のジャーナリストの間では、dynabookは海外で製品サポートが受けられるという理由で人気がありました。このグローバルサポートはまだ健在ですか。

 もちろん健在です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
モバイル

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化