編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VESA/PCIドライバ初期化時に、システムバスの速度を表すメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-11-15 11:00

ide: Assuming bus_speedMHz system bus speed for PIO modes idebus_param

対処

通常は対処が不要であるが、もし使っているIDE機器のクロック数と表示されているクロック数に違いがあるなら、カーネルパラメタのidebusに、idebus=xxというフォーマットでクロック数(Mhz)を設定する。

説明

IDEインターフェース接続の機器に対するVESA/PCIのドライバ初期化時に、PIO(Programmed I/O)転送モード時のシステムバスの速度をメガヘルツ(MHz)単位で表示する。IDE機器がPCIバス接続で idebus_param が指定されていない場合は、33MHz、そうでない場合は、50MHzが仮定される。その時に、;override with idebus=xx (idebusというカーネルパラメタで変更可能である)というメッセージが表示される。

カーネルパラメタに idebus=xx を追加し、xxの値を20から66の任意の値にすることで、その接続した装置のスピードをOSに認識させることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]