編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

Firefoxベースの統合アプリ「SeaMonkey」アップデート

後藤大地(オングス)

2007-12-03 21:53

 11月30日(米国時間)、安定性の向上とセキュリティ修正を目的としてSeaMonkeyの最新版「SeaMonkey 1.1.7」が公開された。修正された内容はFirerfox 2.0.0.10に準拠する。また、Firefox 2.0.0.010にはCanvas drawImage()バグが存在し、2.0.0.11がリリースされたが、この問題はSeaMonkey 1.1.7で修正されているためFirefox 2.0.0.11のような緊急リリースは不要となる。

 SeaMonkeyはFirefox、Thunderbird、Camino、Sunbird、Miroなどのコードを活用して開発されているオールインワンタイプの統合アプリケーション。FirefoxやThunderbirdと同じコードベースを採用しているため、Firefoxで発生した問題はSeaMonkeyでも発生することが多い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]