編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

月例パッチでIEのセキュリティホールに修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2007-12-12 07:59

 Microsoftの2007年最後の月例セキュリティパッチがリリースされた。これは、何百人ものユーザーを遠隔からのコード実行攻撃の危険に晒していた、少なくとも11件のセキュリティ脆弱性をカバーするものだ。

 12月の更新には、少なくとも4つのInternet Explorerに影響する「緊急」のセキュリティ情報が1件と、Windows Media File FormatとMicrosoft DirectXでリモートでコードが実行される可能性のあるバグについての、深刻度の高い2件の個別のセキュリティ情報が含まれている。

 IEの更新(MS07-069)に関するもっとも深刻なバグは、ユーザーが未修正のIEを使って特別に作られたウェブページを閲覧した場合に悪用される可能性がある。このバグでは、Windows Vista上の新しいIE 7を含む、ほとんどのバージョンのWindowsでコードを実行される危険がある。

[ ギャラリー:How to use Internet Explorer securely(英語) ]

 MicrosoftはMS07-068にも特別な注意を払うことを呼びかけている。これは、Windows Media Format RuntimeがAdvanced Systems Format(ASF)ファイルを処理する際にリモートからコードを実行される脆弱性をカバーするものだ。この問題は、Windows Vistaを含むすべてのバージョンのWindowsに影響する。

 Microsoftは、可能性のある攻撃方法を次のように説明している。

 「クライアントの Web ベースの攻撃のシナリオで、攻撃者は Windows Media Player を介しこの脆弱性の悪用を意図して設計された Web サイトをホストする可能性があります。しかし、攻撃者が強制的にユーザーにこれらの Web サイトを訪問させる方法はありません。その代わり、通常、ユーザーに攻撃者の Web サイトに接続させる電子メール メッセージまたはインスタントメッセンジャーのリクエスト内のリンクをクリックさせることにより、ユーザーを Web サイトに訪問させることが攻撃者にとっての必要条件となります。サーバーアプリケーションで、サーバーが特別な細工がされたコンテンツを処理した場合、リモートでコードが実行される可能性のある特別な細工がされた Windows Media Format ランタイム コンテンツを作成することにより、攻撃者はこの脆弱性を悪用する可能性があります。」

 3つめの緊急のセキュリティ情報(MS07-064)では、マルチメディア(ゲームや動画)のプログラミングを扱う一連のAPIであるMicrosoft DirectXの2つの脆弱性について説明している。Microsoftは、この2つのバグによって、ユーザーが特別に作られたウェブサイトを閲覧するか、特別に作られたコンテンツを持つ電子メールメッセージを開くとコード実行の危険があると警告している。

 7つのセキュリティ情報のうち1つ(MS07-066)は、Windows Vistaにのみ関係するものだ。これは特権の昇格により、Windowsのカーネルが特定のアクセス要求を処理してしまうという問題に関する「重要」な修正だ。Microsoftは、この脆弱性を悪用した攻撃者は対象となるVistaのシステムの制御を完全に乗っ取ることができるとしている。

 Microsoftはまた、よく知られている--そして攻撃の対象となっている--Macrovisionのsecdrv.sysドライバの脆弱性に関するパッチ(MS07-067)も、遅ればせながら提供した。これは、Windows XPとWindows Server 2003にはデフォルトでインストールされているものだ。この問題は、10月半ばに表面化し、11月始めにMicrosoftによって確認されているが、どういうわけかMicrosoftがWindowsユーザーに対してパッチを提供するのに月例パッチ2回分の時間がかかった。

 Server Message Block Version 2(MS07-063)とメッセージキューサービス(MS07-065)に関するコード実行の問題にもパッチが施されている。これらのセキュリティ情報は、「重要」と評価されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]