編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、「PaaSの推進でマルチアプリケーション、マルチカテゴリー企業になる」

谷川耕一

2007-12-13 18:39

 11月下旬に東京都内にて開催された「SaaS World 2007」で、ゲストスピーカーとして招かれた1人にSalesforce.comの最高マーケティング責任者(CMO)、Clarence So氏がいる。

 So氏は、SaaSの市場は今後大きな成長が期待されており、Salesforce.comはマルチアプリケーション、マルチカテゴリーの企業になることで、その領域でのナンバーワン企業を目指すとしている。同氏に、SaaSの市場状況の今後の予測と、それに対するSalesforce.comの戦略について話をきいた。

――現状のSalesforce.comの戦略で注力しているのはどういうところでしょうか。

So氏 Salesforce.com 最高マーケティング責任者 Clarence So氏

 いかにして、マルチアプリケーション、マルチカテゴリーの企業になるかということです。そのための1つの方向性として、「PaaS(Platform as a Service)」というコンセプトを打ち出し、サービスを展開しています。PaaSには顧客も高い関心を示しています。講演のなかではPaaSを利用した事例として、Walt DisneyとElectronic Arts、そして旧 郵政公社の事例を紹介しました。

 PaaSの1つとして、新たなサービスの「Visualforce」についてもデモを用い説明しました。Salesforce.comのCRMアプリケーションとMicrosoftのWindowsのユーザーインターフェイスを融合し、ユーザーが使いやすい環境を実証できたと思います。Visualforceについては、米国で9月に開催されたイベント「Dreamforce 2007」以降、プレビュー版が3000以上もダウンロードされ開発者に利用されており、多くのレスポンスをもらっています。

 Visualforceについては、現場でタブレットPCを使いたいという米国の保険会社の事例で、多機能なSalesforce.comの標準画面ではなく、専用のシンプルなユーザーインターフェイスをVisualforceで簡単に構築した例があります。また、Visualforceではありませんが、ERPアプリケーションを提供するCODAという会社は、すべてのアプリケーションをForce.comの上でネイティブアプリケーションとして開発しています。

 さらには、BIベンダーのCognosも、Salesforce.comのデータをCognosのユーザーインターフェイスで活用できるものを発表しています。こういったパートナー企業との協業は、9月のDreamforce以降すでに20件以上発表しています。

――いま最も力を入れているのはVisualforceということになりますか。

 Visualforceの優先度だけが特に高いわけではありません。マルチアプリケーション、マルチカテゴリー企業になるためには、2つの主たる製品戦略があります。1つはOn Demandのアプリケーション領域でリーダーシップをとり続けることで、もう1つがプラットホームでもリーダーであり続けることです。そのためには、より多くのものを市場に展開していかなければなりません。

――SaaS市場ではSalesforce.comがかなり先行していますが、SaaSをもっと普及させるにはどうすればいいのでしょうか。

 ユーザーの成功につながるサービスを提供する努力をすることです。とにかくサービスにログインしてもらい、利用してメリットを感じてもらう。顧客が成功すれば、結果的にはアプリケーションも増えます。Salesforce.comが提供する7つのアプリケーションでもいいですし、AppExchangeで提供されている700を超えるアプリケーション、あるいは顧客が作るforce.comのアプリケーションなど、利用するのはどれでもよいのです。それを使って顧客が成功することが重要です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]