マイクロソフトとSamba、プロトコルの共有でようやく合意に至る

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2007年12月21日 19時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとSambaは、各自のソフトウェアの相互運用性を確保しようとしながら長年意見が一致しなかったが、ついに合意に至った。そして予想通り、米国時間12月20日に明らかにされたライセンシング協定について、各ベンダーはかなり異なる解釈を示している。

 Sambaがその Unix/Linuxのファイルまたはプリント共有製品がWindowsで適切に機能するために必要だとするMicrosoftプロトコルのドキュメンテーションを引き渡すために、 仲介機関のProtocol Freedom Information Foundation(PFIF)が使われた。PFIFはSoftware Freedom Law Centerが創設した非営利団体である。

 12月20日の報道発表によると、SambaはMicrosoftに1万ユーロを1回支払い、その後PFIFがSamba Teamに対し、非公開ベースで「欧州連合(EU)の決定によりカバーされたワークグループサーバプロトコルの全ての配備に必要とされるドキュメンテーション」を提供するという。(ここでEUの決定とは、欧州委員会がMicrosoftに対して2004年に下した独占禁止法違反の決定をMicrosoftが覆そうとしたが退けられたことを言っている。)

 予想通り、SambaとMicrosoftは20日のニュースについて、かなり異なる解釈を示していた。

 SambaとPFIFは、今回の合意をフリーソフトウェアプロジェクトの勝利と特徴づけた。またMicrosoftが、EUの独占禁止法違反事件の条件の一部としてこのプロトコル情報を引き渡すことを欧州委員会により要求されたのだということを観測者に思い出させた。 Sambaはまた、今回のMicrosoftとの合意は、SambaがMicrosoftの特許を侵害していたと認めることを意味しているわけではないと強調した。

 Sambaの共同創業者であるJeremy Allison氏の発言が、報道発表のなかで以下のように引用されていた:

 「入手した情報は、Sambaを引き続き開発し、さらに多くのFree Softwareを作成するために利用することができる。わが社は、これらのプロトコル情報を共有していた1990年代初期のようにMicrosoftとの生産的な関係を取り戻すことを願っている。今回の合意ではまた、関連する具体的な特許番号が明らかにされるため、この問題について誤解が生じる可能性がなくなった」

 他方でMicrosoftは、今回のSambaとのプロトコル協定を、もっと打ち解けた雰囲気で表現していた。

 MicrosoftのPort 25ブログでは「驚いたなら、注意が足りないということだ」と題する記事で、Microsoftのプラットフォーム技術戦略ディレクターを務めるSam Ramji氏が、最近のSambaとMicrosoftの協力関係を強調した。

 Ramji氏は、Microsoftが最近Microsoft Developer Network(MSDN)Premiumのサブスクリプションを、Sambaのコアチームに対して寄付したこと、彼らとテストベッドを構築したこと、テスティングツールを共有し始めたこと、そしてMicrosoftのソフトウェアとの互換性継続を確保するためにCIFS Unix Extensionsの保護に取り組んだことを指摘した。

 Ramji氏は、Sambaの幹部と協力し、Microsoftのプロトコル共有義務を果たし 、Sambaを満足させるような合意内容を打ち出したという。同氏の12月20日のブログ記事から以下を引用する:

 「条件は良かった。しかしSambaチームはMicrosoftが、Sambaの開発者コミュニティの既存慣行に完全に準拠するために、いくつかの変更を加えるよう望んだ・・・両社の弁護士と技術者(いつもながら妙な組み合わせ)は言葉の精選と、それを明確で協力的に実施するために苦労した。

 「これ(Sambaのライセンス協定)が、Sambaの開発プロセスを大幅に向上させ、WindowsとLinux/Unix環境の間の相互運用性の質を高めると期待している。・・・このプロセスから学んだのは、われわれが技術に注力し、忍耐強く、熱心に実行すれば、共に本当に進歩することができるということだ」

 今回の合意をどのように解釈するかはさておき、Microsoftは今回、欧州委員会が3年前に規定した内容を実践することになった:オープンソースまたはフリーソフトウェアコミュニティに対する差別とならないように、プロトコル情報を共有するということだ。

 20日のSambaライセンス協定の発表の詳細については、News.comのStephen Shankland氏の記事もチェックしてほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化