MS、「DALL-E 2」採用のデザインアプリ「Microsoft Designer」などを発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-13 10:54

 「Microsoft Designer」という新しいアプリに関する情報が8月にウェブに流出した。そして、Microsoftは米国時間10月12日に開催した「Surface」製品の発表イベント「Microsoft Fall 2022 Event」で、この新しいグラフィックデザインアプリMicrosoft Designerに加えて、ウェブサイト「Microsoft Create」と、今後提供予定の「Image Creator」ツールを正式に発表した。なお、同イベントでは、3種類の新型Surface PCと3種類の新しいアクセサリーも発表されている。

Microsoft Designer
提供:Microsoft

 Microsoft Designerは、デザインアプリ「Canva」にとてもよく似ている(Canvaも、Designerの主要機能の1つに似た、テキストから画像を生成する機能をテストしている)。Microsoftは、Designer、Create、Image Creatorを、「Microsoft Creator」ツールファミリーの主要要素だとしている。これらのツールは、「Microsoft 365」に追加されるとともに、「Bing」と「Edge」ブラウザーに統合される予定だと、同社は述べた。

 リークされたときに明らかになったように、Designerは、ソーシャルメディアへの投稿、招待状、パンフレットなどのデザインを、一から作成するか、Microsoftが提供するテンプレートを使って作成するためのアプリだ。内部には、MicrosoftのAI技術とOpenAIの「DALL-E 2」が採用されており、ユーザーはテキストや画像からカスタムの画像を作成できる。

 Designerは、単なるグラフィックデザインアプリではない。Microsoftの幹部らは社内においてDesignerを、12日に発表されたV.1アプリであるとともに、「AI駆動のデザインサービス」であると表現している。Designerは、既に「PowerPointデザイナー」の中で、AI支援により見た目の良いプレゼンテーションを簡単に作成できる手段として使われており、今後ほかのMicrosoft製品にも追加されるとみられる。

 同日に発表された新サイトMicrosoft Createは、Designerユーザーだけでなく、ドキュメント、動画、プレゼンテーションなど、あらゆる種類のアセットを作成するユーザーも対象としている。同サイトには、テンプレートや厳選された記事、ハウツーやヒントになる動画が用意され、ユーザーのスキルアップを支援する場になると同社は述べている。

 今後提供予定のImage Creatorツールも発表された。Image Creatorは、Microsoftの検索エンジンBingの画像検索機能を基盤として構築されている。Designerと同じDALL-E 2による画像生成技術が採用されており、求めている画像の説明とともに、場所や動き、アートスタイルなどのコンテキストを追加入力すると、画像を作成してくれる。

 同社は、Image Creatorの限定的なプレビュー版を「まもなく」一部の地域で提供すると述べた。また、DALL-E 2の開発元であるOpenAIと協力して、DesignerとImage Creatorから不適切な結果を除外するつもりであることを強調した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]