SAP、優先プラットフォームとして「SUSE Linux」を選択

文:Matt Asay(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年12月26日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatにとって状況は悪くなっている。最初はOracleが「Red Hat Enterprise Linux」の独自バージョンを顧客に宣伝していたし、現在ではSAPがNovellの「SUSE Linux」を優先プラットフォームとして推奨している。

 SAPは、スタックの構成要素となっているSUSEを優先Linuxプラットフォームとして推奨しており、NovellはSUSE上でSAPアプリケーションを導入するユーザーにとっての防御の第1線となり始めるだろう(後略)。

 Novellは、「SUSE Linux Enterprise Server Priority Support」という名称のSAPとの保守サポート提携によってアプリケーションとOSの両方を扱う予定である。

 このプログラムは、ミッションクリティカルな業務処理のコストパフォーマンスを向上することを重視しており、アプリケーション設定のためのボリュームディスカウントを含んでいる。また、今後90日以内に購入した顧客にはさらにディスカウントが提供される。

 ドイツ生まれのSAPがドイツ生まれのSUSEを選択するというのはそれほど驚くべきことではないが、Red Hatにとっては最悪のタイミングであり、Microsoftとの提携がLinux事業全般にとって「ハロー効果」をもたらしたと主張しているNovellにとってはまたとないタイミングである。Ubuntuが企業からより多くの信頼を集め、NovellのLinux部門の売上高が69%増となる一方、Red HatはJBossで四苦八苦しているようだ。Red Hatにとって状況は悪くなっている。

 それにもかかわらずRed Hatは間もなく好調な第3四半期の決算を報告すると見られる(本稿の原文執筆後にRed Hatが発表した決算の記事はこちら)。ひょっとすると顧客の意見が今後さらに重視されるようになるのだろうか。時間がたてばわかることだが、Novellは最近のLinuxでの成功によって目標に向かって意欲的に邁進しているように見える。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算