編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

MacWorld直前にMacSweeperと呼ばれる偽セキュリティソフトが登場

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-01-16 13:19

 F-SecureはMac用の初めての偽セキュリティアプリケーションを発見したとしている。これはMacSweeperと呼ばれるものだ。

 F-Secureによれば、MacSweeperはWindows用の同類のプログラムであるCleanatorに非常に似たスパイウェアだという。その動作は次の通りだ。

 MacSweeperをインストールすると、このソフトウェアはユーザーのMacの危険なファイルを「きれいに」する。このスパイウェアは非常に熱心で、「常に」きれいにすべきファイルを発見する。ユーザーはこのソフトウェアを買わなければならなくなるというわけだ。

 以下は、F-Secureから提供されたスパイウェアの画面だ。

MacSweeperの画面

 そして、自分自身を本物に見せるために、MacSweeperは企業説明をSymantecのようなセキュリティベンダーのものからカットアンドペーストしている。このような八百長プログラムは新しいものではないが、これがMacで登場したという事実は、Appleの市場シェアが上昇してきていることを示している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]