編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

驚異的なスピードで進んだOracleのBEA買収

大野晋一(編集部) 後藤大地(オングス)

2008-01-17 16:00

 OracleとBEA Systemsは16日(米国時間)、OracleによるBEAの買収が合意に達したと発表した。1株あたり現金で19.375米ドルで合意に達したとされており、買収金額は85億ドルに達するとみられる。

 Oracleは2007年10月、BEA Systemsに対して1株あたり現金で17米ドルでの買収を提案していた。しかしBEAは買収金額が適切ではないとし提案を拒否。1株あたり21米ドルを要求して物別れに終わった。しかし、BEAが買収されるのは買収額の折り合いがつけば時間の問題と見る向きも多かった。

 結局、2カ月半を経て買収となった。このスピードはPeopleSoftやSiebelの時と比べると桁違いに早い。

 では、製品ラインおよび経営の統合はどうなるのだろうか? Oracleは近年、主にアプリケーションエリアで業界ソリューションを拡充することを目的としていくつもの小さな買収を繰り返してきた。この際のスピードを見るに、買収完了後の統合も相当なスピードで進むことが予想される。もちろん、これまでのパターン同様、製品やサポートの継続も行われるだろう。

 統合にはSOAが有利に働きうる。そうした意味でもSOAの雄、BEAのテクノロジを手に入れたことは大きな意味がある。もちろん、テレコムなどBEAのTuxedoの顧客を手に入れたことも同社にとっては嬉しい話だ。

 買収額が問題になったこの買収、85億ドルは決して高い過ぎる買い物ではなかったのではないだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]