編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米国GPSとどう違うの?--欧州版の全地球測位システム「Galileo」とは

文:Tim Ferguson(Silicon.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2008-02-15 08:00

 ヨーロッパ版全地球測位システム(Global Positioning System:GPS)の民間衛星システム「Galileo」が、紆余曲折の末、実現に向けて進み始めている。そのシステムの概要と、これまでの経緯、現在の状況などをQ&A形式で紹介する。

--16世紀の科学者がテクノロジと何の関係があるの?

 言いたいことはわかるけど、これはピサ出身のガリレオ・ガリレイじゃなくて、ヨーロッパで計画されている全地球ナビゲーション衛星ネットワークのことなんだ。欧州連合(EU)は、今度のGalileoがイタリアの偉大な伝説的人物に恥じないものになることを望んでいるんだろうけどね。

--どうしてヨーロッパに衛星ネットワークが必要なの?

 EUは、ヨーロッパの衛星ナビゲーションユーザーには、この大陸各地でのナビゲーション用に、米国のGPSやロシアの軍事衛星ネットワーク「Glonass」の代わりになるものが必要だと思っている。

--衛星ネットワークってそんなに重要なの?

 衛星によるナビゲーションは、船舶や航空機だけじゃなく、道路で目的地に向かう標準的な方法になったというのがEUの主張なんだ。この方法の利用が広まるにつれて、信号衛星が失われた場合に起きる問題はより重大になる。

--これって新しいアイデアなの?

 ヨーロッパ用の全地球衛星ナビゲーションシステムの必要性が最初に認められたのは、民間管理の衛星ネットワークを構築するために、EUが欧州宇宙機関(ESA)との会合を持った1990年代半ばなんだ。

--じゃあ、何でGPSではだめなの?

 GPSネットワークは世界中で利用できるけど、アメリカ軍によって運用されていて、Galileoはヨーロッパの独立した民間衛星ネットワークになるよう計画されているんだ。

 Galileoには、赤道に対する衛星の傾斜角が大きいためにヨーロッパ北部での有効範囲が広いとか、精度が高いとか、その他の利点もある。GPSの精度が5mなのに比べて、Galileoでは1mだと言われているんだ。

 EUはGalileoによって、アプリケーションの提供やサービスの運営を行う企業などが市場を開拓する機会が生み出されれば、とも願っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]