編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

設定しておいたタイミングになる前にインターバルタイマが動作した状態であるというメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-03-10 15:00

Oops: timer tick before it's due (itc=itc_value,itm=itm_value)

対処

カーネルの修正情報を確認して同様の問題が修正されていないかを確認する。

説明

設定しておいたタイミングになる前にインターバルタイマが動作した状態(ITC<=ITM)となっている。 (ITCの値:itc_value, ITMの値: itm_value)

IA-64プロセッサは、クロック入力に対応してカウントアップされるITCの値が、あらかじめITMに設定された値に達するとインターバルタイマ割り込みを発生させる。このインターバルタイマ割り込みの延長で呼ばれるハンドラ関数 (timer_interrupt())は、その内部でプロセッサから現在のITCを取得してITMの値と比較する。ここでインターバルタイマ割り込みの発生時点ではITC>=ITMが成立しているはずであり、その後ハンドラ関数内でいくつかの命令を実行したあとに実行される上記の比較時点では ITCの値が増大しているのでITC>ITMが成立すべきであるが、これが成立していない(ITC<=ITM)場合に本メッセージが出力される。

本メッセージが出力されるのは「設定したタイミング(ITC==ITM)に達していない時点(ITC<ITM)でインターバルタイマ割り込みが発生してハンドラ関数が呼ばれた」ような状態であり、これはカーネルが想定していない事態であるためメッセージテキストに”Oops”という文字列が含まれるが、一般のkernel oopsとは異なりpanicすることはない。本メッセージが出力されてもインターバルタイマは動作を継続するが、カーネルのインターバルタイマ処理に問題(*1)が発生していることが疑われる状態であり、原因を究明して対処しない限り、インターバルタイマの延長で動作するカーネルの各種処理が、正しいタイミングで期待どおりに実行されないおそれがある。

  • (*1) たとえばITCの値がITMに設定された値に達してからハンドラ関数が呼ばれるまでの合間にカーネルがITC/ITMの値を不正に書き換える等

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]