設定しておいたタイミングになる前にインターバルタイマが動作した状態であるというメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年03月10日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oops: timer tick before it's due (itc=itc_value,itm=itm_value)

対処

カーネルの修正情報を確認して同様の問題が修正されていないかを確認する。

説明

設定しておいたタイミングになる前にインターバルタイマが動作した状態(ITC<=ITM)となっている。 (ITCの値:itc_value, ITMの値: itm_value)

IA-64プロセッサは、クロック入力に対応してカウントアップされるITCの値が、あらかじめITMに設定された値に達するとインターバルタイマ割り込みを発生させる。このインターバルタイマ割り込みの延長で呼ばれるハンドラ関数 (timer_interrupt())は、その内部でプロセッサから現在のITCを取得してITMの値と比較する。ここでインターバルタイマ割り込みの発生時点ではITC>=ITMが成立しているはずであり、その後ハンドラ関数内でいくつかの命令を実行したあとに実行される上記の比較時点では ITCの値が増大しているのでITC>ITMが成立すべきであるが、これが成立していない(ITC<=ITM)場合に本メッセージが出力される。

本メッセージが出力されるのは「設定したタイミング(ITC==ITM)に達していない時点(ITC<ITM)でインターバルタイマ割り込みが発生してハンドラ関数が呼ばれた」ような状態であり、これはカーネルが想定していない事態であるためメッセージテキストに”Oops”という文字列が含まれるが、一般のkernel oopsとは異なりpanicすることはない。本メッセージが出力されてもインターバルタイマは動作を継続するが、カーネルのインターバルタイマ処理に問題(*1)が発生していることが疑われる状態であり、原因を究明して対処しない限り、インターバルタイマの延長で動作するカーネルの各種処理が、正しいタイミングで期待どおりに実行されないおそれがある。

  • (*1) たとえばITCの値がITMに設定された値に達してからハンドラ関数が呼ばれるまでの合間にカーネルがITC/ITMの値を不正に書き換える等
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化