編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

iPhoneとiPod touchを操作不能にする新たなエクスプロイトが明らかに

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-03-19 16:27

 iPhoneやiPod touchを操作不能にしたり、WindowsやMac OS上のSafariブラウザが異常終了したりする新しいエクスプロイトが明らかになった。悪意あるコードが仕掛けられたウェブサイトにアクセスした際に問題が発生する。影響を与えるにはユーザーによるクリックを必要とするこれまでのエクスプロイトとは異なり、iPhoneWorldが明らかにしたこの新しいコードでは、ユーザーの操作を必要としない。

 Appleにコメントを求めたが、現時点でコメントは得られていない。

 このコードは1月に初めて報告され、Safariのメモリ不足を引き起こす。メモリ不足に陥った後、iPhoneやiPod touchが操作不能になり、PC上のSafariはクラッシュする。BugTraqニュースグループの脆弱性報告では、「問題の性質を考えると、遠隔地からコードを実行することもできるだろうが、この点についてはまだ確認されていない」と述べている。

 現時点では、Appleから修正プログラムは提供されていない。回避策として、SafariのJavaScriptを無効にする方法がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]