編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

日本のIT技術者さん、そろそろ英語に目覚めてもいい頃では?(ZDNet Japanブログより)

若井 直樹

2008-03-31 19:00

 Nikkei NETに掲載されているコラム「竹田孝治のインドIT見聞録」の中で、インドと中国のIT技術者の人件費についての記述がある。竹田氏によると中国のIT技術者の人件費が高騰しているという。

 「2、3年の技術者」というのがどのようなクオリフィケーションなのかが分からないので単純には比較できないが、「2、3年のJavaプログラマー」と仮定する。ここフィリピンだとおよそ22,000ペソから29,000ペソ、つまり6万5千円前後ということになる。中国では、2、3年の技術者の給料で5000元(約8万円)という話を何人もの人から聞いた。単なるプログラマーでどこにそのような価値があるのかと本人たちに聞いてみても、彼らは5000元でも安いと信じている風である。これが上海なら更に高いのであろう。

 日本企業からのオフショア・ビジネスが、フィリピンにもっとあっても良さそうなものだ。ただ、フィリピンの企業サイドから見れば、日本企業よりも英語圏であるアメリカやヨーロッパ市場からのオフショアの方を期待しているといえるかもしれない。やはりここでも「言語の壁」がある。日本においても、IT技術者や管理分担当社が、英語で会話することが当たり前のようにならなければ、インド企業やフィリピン企業を選択し仕事を委託することはできないだろう。

 最近、フィリピンに留学する韓国の若者が増えている。また、Webサイトを通じて英語を教えているフィリピン人も増加の一途だ。生徒はというと。ほとんどが韓国人らしい。おそらく韓国国民にとって生きた英語を学ぶもっとも格安な方法なのだろう。日本のIT技術者は、いつになったら目覚めるのだろうか?

全文はこちら--「アジアIT通信」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]