インテル、モバイルインターネット端末向け「Atom」を発表

藤本京子(編集部)

2008-04-02 17:38

 インテルは4月2日、モバイルインターネット端末(MID)など組み込みデバイス向けの「インテルCentrino Atomプロセッサ・テクノロジ」と、同テクノロジに搭載されるMID向けプロセッサ「インテルAtomプロセッサ」を発表した。Atomプロセッサは、開発コード名「Silverthorne」と呼ばれていたものだ。

吉田氏 インテル 代表取締役共同社長の吉田和正氏

 インテル 代表取締役共同社長の吉田和正氏は、「Centrino AtomとAtomプロセッサの登場で、フルインターネットを体験できるポケットサイズの端末が次々と市場に出回るだろう。ユーザーがインターネットを利用する形態も変化していく」と述べた。

 Centrino Atomプロセッサ・テクノロジは、Atomプロセッサと、グラフィックス機能内蔵の低消費電力コンパニオンチップ「インテル システム・コントローラー・ハブ」、そしてワイヤレス接続機能が含まれている。

 Atomプロセッサは、これまでインテルが提供してきたプロセッサの中で大きさが最小で、ダイサイズは25平方mm以下。High-k(高誘電率)ゲート酸化膜とメタルゲートを採用した45ナノメートルプロセス技術によって製造されており、ダイには4700万個のトランジスタが集積されている。

 フロントサイドバスは533MHzおよび400MHzで、ハイパースレッディング技術にも対応している。また、同プロセッサはクライアントPC向けのプロセッサ「インテルCore 2 Duoプロセッサ」の命令セットとの互換性を維持している。

 Atomはインテルにとって最も消費電力の低いプロセッサとなる。同プロセッサのTDB(熱設計電力)は0.65〜2.4ワットで、平均電力は160〜200ミリワット、アイドル時の電力は80〜100ミリワットだ。インテル IA技術部長の土岐英明氏によると、通常プロセッサで1%の性能向上を実現するには、3%の消費電力が増加してしまうというのが業界の基準だったが、「Atomでは1%の性能向上を1%の消費電力の増加で実現した」と述べ、Atomが環境にやさしいプロセッサであると説明した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]