編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

B・ゲイツ氏:「企業は貧困者に奉仕する必要がある」

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-04-08 10:20

 マイアミ発--Microsoftの会長であるBill Gates氏は米国時間4月4日、2つの個別の講演で、企業は貧困者への奉仕を使命の1つと見なす必要があり、政府も民間企業を潜在的なパートナーと見なすべきであるとの主張を述べた。

 両方の講演の聴衆にとって大きなトピックの1つはマイクロファイナンスという概念だった。これは貧困者のクレジットや金融サービスへのアクセスを向上させる低所得者向け小規模金融である。

 「最も貧しい人にどのようにローンを生み出すかというアイデアもその一部だ」とGates氏は「Government Leaders Forum」で述べた。しかし今日、マイクロファイナンスの対象はローンが中心だが、それだけではない。「われわれは貯蓄やさらにはいくつかの保険商品も生み出す必要がある」(Gates氏)

 Gates氏は、テクノロジがいかに重要な役割を果たすことができるかについて語り、支払いが携帯電話に結びついている場合は、より低い金利を提供できる可能性があると述べた。

 Gates氏は、あらゆる業界で企業は、どうやったら自社のエネルギーと資源の一部、例えば6%を活用して、自国内あるいはグローバルな規模で、より貧しいセグメントに業務の範囲を拡大することができるかを考え始める必要があると述べた。食品会社は微量栄養素に注力する必要があるし、製薬会社は精力の一部を多くの貧困者が悩まされているマラリアや結核などの病気に費やすべきである。

 すでに各業界でこのようなことを実践している企業の例は実際にあるとGates氏は述べた。

 「携帯電話会社、銀行、エネルギー企業、テクノロジ企業、食品会社など、これらの業界にはすばらしい例がたくさんある」とGates氏は「Inter-American Development Bank」の会合で語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]