編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト、4月の月例パッチを公開--緊急レベルのパッチは5件

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-04-09 06:44

 Microsoftは米国時間4月8日、Windows、Microsoft Office、Internet Explorer(IE)の脆弱性に対処する、5件の「緊急」レベルのセキュリティパッチを公開した。

 5件の緊急パッチは、Microsoftが8日にリリースした月例パッチの計8件のセキュリティ情報に含まれる。4月のセキュリティ情報では、計10件の脆弱性がカバーされている。

 緊急に分類される5件のパッチのうち、1件は「Microsoft Office Project」の脆弱性を解決するものとなっており、悪意のあるOffice Projectファイルを開くと、攻撃者にユーザーのシステム管理者権限を完全に奪われる脆弱性に対処する。

 2件目の緊急パッチは、ユーザーが悪意のあるEMF(Enhanced Metafile)またはWMF(Windows Metafile)画像ファイルを展開すると、攻撃者がリモートで悪意のあるコードを実行可能な、WindowsがGDI(Graphics Device Interface)を扱う際の脆弱性に対処する。2年前、Microsoftは同様の脆弱性への対応を求められ、月例パッチのリリースサイクルとは別に、緊急な対処を余儀なくされたことを、McAfee Avert Labsのセキュリティ調査およびコミュニケーションマネージャーであるDave Marcus氏は思い起こさせた。

 このセキュリティ上の脆弱性と、他の2件のIE関連の脆弱性が、緊急パッチの中でも最も重要度が高いと、Marcus氏は語っている。

 今回のセキュリティ情報のうち、1件はIE用の累積的なセキュリティ更新プログラムであり、別の1件は「ActiveX Kill Bits」の脆弱性を解決するものである。どちらの脆弱性にも、IEで悪意のあるウェブサイトを訪問すると、悪意のある攻撃者がユーザーのシステム上でリモートでコードを実行可能な危険がある。

 Marcus氏は「われわれはウェブ2.0の世界に住んでいる。スパムリンク付きの電子メールを送りつけることが、ますます頻繁に見受けられるようになってきている。(中略)これは、多くの人々のコンピュータを危険にさらさせる上でも効果的な一手段となりつつある」と述べた。

 他にMicrosoftは、VBScriptおよびJScriptスクリプトエンジン用の累積的なWindowsパッチを出しており、攻撃者がユーザーのシステムへアクセスして、プログラムをインストールしたり、データの閲覧や変更を行える脆弱性に対処している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]