編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ニフティ、「常時安全セキュリティ24」のプレリリース版を提供開始

目黒譲二

2008-04-10 19:26

 ニフティは4月10日、同社の提供するセキュリティサービス「常時安全セキュリティ24」バージョンアップ版の正式公開に先立ち、「常時安全セキュリティ24 プレリリース版」の提供を開始した。

 常時安全セキュリティ24は、外部からの不正侵入やウイルスを防ぐ@niftyセキュリティセンターと、利用者のパソコンにインストールする専用ツール「セキュリティ24アシスタントツール」との連携により、利用者に複雑な操作を要求することなく、セキュリティ環境を提供するサービス。利用料金は光回線利用者が420円、光回線利用者以外は525円となっている。

 今回のバージョンアップでは、フィッシング対策やスパイウェア対策の機能を強化したほか、専用ツール「セキュリティ24アシスタントツール」の作動時でも快適にパソコンを活用できるよう、システム負荷を軽減したという。

 また、常にセキュリティセンターとVPN接続され、インターネットへのアクセスがすべてセキュリティセンター経由となる「高セキュリティレベル設定」を追加し、必要に応じてセキュリティ強度を変更することが可能となった。

 さらに、アシスタントツールのユーザーインターフェースを一新し、セキュリティ対策状況がひと目で分かるようにするなど、操作性を向上させている。

 ニフティでは、@nifty会員1000名を対象に同サービスのモニタを募集する。モニターは5月末のモニター期間終了まで同サービスを無料で利用できる。モニター期間終了後は通常価格にて正式公開する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]