編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本のソフトウェア企業は世界に打って出よ!(ZDNet Japanブログより)

若井 直樹

2008-05-01 22:00

 2006年の3月にJETROが発表した報告書によると、2005年時点でフィリピンにおけるコールセンターの座席数はすでに約7万席に達しており、 2000年から2005年のCAGR(年平均成長率)は116%とされている。コールセンター産業の売上は、対GDP比で1.6%を占め、すでにフィリピンでもっとも期待される産業の一つとなっている。

 マカティ市では、100?を超える不動産物件はほとんどコールセンター企業が押さえてしまうため既に満杯になっているという。私の住むモンテンルパ市やセブ市を始め主要都市に多くのコールセンター企業が進出している。

 情報技術(IT)アウトソーシング大手のトランスコスモスは25日、フィリピンのマカティ市にあるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)関連企業ロジコールと資本提携を結んだと発表した。今月中旬にロジコー社の株式51%の取得を完了、正式に子会社化した英語対応のコールセンター事業に本格参入し、国際アウトソーシング市場のシェア拡大を狙う。東南アジア地域では4カ所目の拠点となる。

 フィリピンへの進出を決めた理由として、「これまで日本で培ったノウハウを生かし英語市場に参入する上で、政府がBPO事業を積極的に支援し、優秀な人材が集中するフィリピンがベストと判断した」と説明している。

全文はこちら--「アジアIT通信」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]