普及が進む無線通信の危険性--専門家が警告

文:Tom EspinerおよびDavid Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、坂野裕史 2008年05月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホワイトハウスのサイバーセキュリティアドバイザーであったHoward Schmidt氏は、Bluetoothプロトコルに脆弱性が存在することが認識されていないと主張して、このプロトコルの脆弱性による危険について警告してきた。

 Schmidt氏は、プロトコルのテストを行う企業であるCodenomiconの取締役会メンバーで、2008年4月22日〜24日に行われたInfosecurity Europe 2008会議の際、Bluetooth通信で使用されるプロトコルは攻撃に対して脆弱であり、デバイスメーカーやセキュリティの専門家はこの問題に十分な注意を払っていないとZDNet.co.ukに語った。

 「Bluetoothのセキュリティは破られた。(27種類ある)さまざまなプロトコルのうち、15種類に脆弱性が見つかっている。複数のポートを開放する通信プロトコルは、使用中には外からだれでも使えるようになっているのだ」とSchmidt氏は言う。

 同氏は、個々のプロトコルのほかに、プロトコルが相互に対話する方法によってもセキュリティホールが生まれていると述べた。

 「もぐらたたきゲームのようなものだ。脆弱性が表面化してハンマーで引っぱたくと、別のどこかに脆弱性が現れる。絶えず移動している標的なのだ」

 こうした脆弱性にアクセスできるのは技術的に実力があるハッカーだけだが、標準というものは、他のソフトウェアと同じ方法では更新することができないために脆弱性が広範囲に及んでおり、対応が難しいというのが彼の意見だ。多くのプロトコルが影響を受けるようで、802.11nや、ASN.1言語を使って設計されたプロトコルも含まれる。ASN.1は、軍や救急関係のサービスで使われるプロトコルの記述に用いられる言語だ。

 Schmidt氏の警告によれば、ASN.1を使用して構築された通信プロトコルの脆弱性を悪用すると、不正な形式のパケットを送信してシステムをクラッシュさせることができる。また、実装によっては任意のコードを実行される状況につながることがあるバッファオーバーフロー攻撃を受ける可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化