編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オペラ、「Opera Mini 4.1」正式版をリリース

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-05-14 16:22

 Opera Softwareは現地時間5月13日、携帯電話用のウェブブラウザ「Opera Mini 4.1」の正式版をリリースした。ベータ版リリースから約1カ月、Operaは同ウェブブラウザの安定性が製品として提供するレベルまで強化されたと述べている。

 デスクトップPC用の「Opera 9.5 Beta 2」と同様、Opera Mini 4.1もアドレスバーに検索キーワードを入力するとURLの候補を示す機能を備えた。またウェブページ上のキーワードがハイライトされるので、自分が探していた情報をすぐに見つけ出せる。デスクトップPCではおなじみのページ内検索「Find」機能は、メニューボタンから「Find in Page」を選択して利用できる。

 どの携帯電話のユーザーも、ウェブページを保存してオフラインで閲覧することができ、Opera Miniの最新版では圧縮速度が改善された(Operaでは、50%高速になったと主張している)。 Opera Miniを使ってファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりできるのは、JSR-75をサポートしたJava対応携帯電話のみとなる。よい知らせとしては、このメリットはここ数年で出荷された携帯電話のほとんどで享受できることだ。たとえば、バージョン4.2以前のBlackBerryでは、一部の機能が利用できない。ダウンロードしたファイルの閲覧には、適切なメディアプレイヤーやリーダーが必要となる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]