米ヤフー、開発者向けプラットフォーム「SearchMonkey」を提供開始

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一、編集部 2008年05月16日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 米Yahooは米国時間5月15日、開発者向けプラットフォーム「SearchMonkey」を正式に提供開始し、同社のインターネット検索をより活気あるものにするための大きな一歩を踏み出した。

SearchMonkey

 SearchMonkeyは検索結果をより高度な形で表示できるようにする技術で、検索の使い勝手も向上することを期待し、Yahooはプログラマーに開発用ツールを提供する。プログラマーはSearchMonkeyを利用することで、検索結果を味気ない文字だけの表示ではなく、より手の込んだ形で提示するアプリケーションを構築できるようになる。Yahooはこの技術が検索事業に利益をもたらすことを望んでいる。

 「どこよりも生産性の高い検索体験にしたい」と、「チーフSearchMonkey」こと、Yahoo Search製品管理ディレクターのAmit Kumar氏は述べた。

 非公開でテストしていたツールの正式提供に加えて、Yahooはプログラマーが自ら開発したSearchMonkeyアプリケーションをテストできる「サンドボックス」を公開し、開発を後押しするために、賞金総額2万ドルのコンテストも発表している。最終的にユーザーは、ギャラリーから希望するSearchMonkeyアプリケーションを選択できるようになる。

 SearchMonkeyは興味深いものだし、数年先を見越してさらに強力で豊かな技術を構築するためにハイテク企業が開発者を引きつけようとするのも、かなり前から行われて効果が実証されている方法だ。しかし、Yahooは深刻な競争にさらされている。特に検索分野ではトップのGoogleにシェアを奪われ続けており、現在米国で行われる検索について3倍以上の差がついている。検索市場のシェア調査を手がけるHitwiseによると、4月に米国で行われた検索のうち67.90%はGoogle(3月は67.25%)で、Yahooは20.28%(3月は20.29%)、Microsoftは6.26%、Ask.comは4.17%だったという。

 Yahooが失った検索シェアを取り戻し、決算の内容に満足していない投資家をなだめるための唯一の手立てがSearchMonkeyというわけではない。Yahooの数多くのウェブ資産を緊密に結びつけ、外部でも利用できるように機能を公開し、自らのアプリケーションを構築したいプログラマーが基盤として使えるようにするために、同社はYahoo Open Strategy(YOS)戦略を進めており、SearchMonkeyはその最初の成果だ。

SearchMonkey適用前と後 SearchMonkey適用前と後
提供:Yahoo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化