編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

EMCジャパン、省電力機能を搭載したバックアップ新製品と新ソリューションを発表

CNET Japan Staff

2008-06-04 15:24

 EMCジャパンは6月4日、省電力機能を搭載した中堅企業向け、およびオープンシステム向けディスクバックアップシステムの新機種と新ソリューションを発表した。

 中堅企業向けの「EMC Disk Library 3D 1500/3000」はLAN接続によるディスクバックアップシステムで、ポリシーに基づいたデータ重複除外バックアップ機能、99.999%の信頼性を保証するストレージプラットフォーム、IPレプリケーション機能を実装し、バックアップデータ量を削減しつつ高い可用性を確保する。

 オープンシステム向けの「EMC Disk Library 4000」は、データ重複除外機能に加え、オプションでディスクドライブのスピンダウン機能を実装可能な仮想テープライブラリ(VTL)。新開発の省電力ディスクドライブを組み合わせることで、消費電力を大幅に抑えることができ、スピンダウン機能と省電力ドライブとの組み合わせで最大47%の消費電力削減が可能という。

 バックアップ・リカバリソリューションとしては、従来より機能を強化した「EMC Avamar Data Store Gen 2」を新たに提供する。バックアップ用に保存される前の段階で、データの重複除外を行う製品で、新バージョンではアプライアンスサーバ1台あたりのバックアップ容量の倍増、サポート、操作性の向上が行われている。

 「EMC Disk Library 3D 1500/3000」は、2008年8月1日から提供開始予定。価格はは1456万円より(バックアップ容量4Tバイト構成時、サポート費用別)。「EMC Disk Library 4000」は、2008年9月1日から提供開始予定で、価格は2648万円より(最小構成時、サポート費用別)。「Avamar Data Store Gen2」の提供は2008年6月4日より開始される。価格は409万円より(バックアップ容量1Tバイト構成時、サポート費用別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]