EMCジャパンなど、大容量データの監査証跡を保持するフォレンジックシステム

田中好伸(編集部)

2007-08-28 20:13

 EMCジャパン、エム・ティ・フィールド・サービス(MTF)、ソレラネットワークスジャパン(Solera)の3社は8月28日、大容量データの監査証跡維持のための「コンプライアンス対応統合ネットワーク・フォレンジック・ソリューション」を発表した。

 主に、ネットワークビジネスを展開している企業、コンプライアンス対応を目指す企業を対象に販売していく。また、今後施行される金融商品取引法対応の施策の一つとして提供する。

 今回のコンプライアンス対応統合ネットワーク・フォレンジック・ソリューションは、Soleraのネットワークパケットレコーダー「Solera DS」、検索・データ解析・レポートなどの機能を得意とするMTFのフォレンジックツール「inetSNAPs」、データ格納用1次ストレージとしてEMCのミッドレンジストレージ「CLARiX」とコンプライアンス対応2次ストレージとしてアーカイブ専用の「Centera」を組み合わせたもの。

 企業のネットワークに流れるさまざまなパケットデータを安全、確実にキャプチャし、あらゆる時点のデータを復元できる検索・レポート機能が大きな特長という。

 外部からの不正アクセスや内部からの情報漏洩などの問題が発生した場合も、同じ環境を再現させてデータを解析することで、システム管理者のデータ検索のパフォーマンスを向上させられるという。また、EMCのCenteraを活用することで、キャプチャしたデータを改ざんさせることなくさせることなく、監査証跡として安全に保管できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]