編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

サイバーステーション、OSSを基盤にした中小企業向けの災害復旧ソリューションを国内展開

CNET Japan Staff

2008-06-09 08:00

 サイバーステーションは6月6日、遠隔地にあるハードディスクをRAID構成で利用するためのLinuxカーネルモジュール「Enhanced Network Block Device(ENBD)」に関して、日本語での技術情報を提供する「ENBD日本語公式サイト」を開設した。

 ENBDは、WAN接続された遠隔地のネットワーク上にあるハードディスクとローカルハードディスクでRAIDを構築可能にするLinuxカーネルモジュール。FTTHやADSLといった安価なブロードバンド回線を介した利用が可能で、かつ、オープンソースソフトウェアとして開発が進められている。

 サイバーステーションでは、こうした特長から、主に中小企業におけるディザスタリカバリソリューションとしてのENBDの有用性に着目したという。ENBD日本語公式サイトでは、ENBDに関する日本語技術ドキュメント、バイナリコード、ソースコードの配布を行うほか、ENBDを利用したディザスタリカバリソリューションの紹介なども行い、日本国内での同技術の普及を目指す。

 同社ではENBDの開発者であるPeter Breuer氏との提携の下、ENBDのビジネス利用に向けた機能強化を共同で行っていく。また、今夏以降をめどに、サポートサービス、インストールならびにカスタマイズなどの導入支援サービスを行っていく予定だ。

 さらに、アライアンスパートナーと共同で、ENBDを活用したハードウェアおよびサービスの製品化を進めていく。6月6日の段階で、アイ・オー・データ機器とソフトバンクIDCの2社がパートナーとして発表されている。

ENDB日本語公式サイト サイバーステーションによる「ENBD日本語公式サイト」では、ENBDに関する技術ドキュメント、バイナリコード、ソースコードのダウンロードが可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]