編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

オペラ、「Opera 9.5」のリリース候補版を公開

文:Seth Rosenblatt(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉

2008-06-11 12:19

 カルト的人気を保つウェブブラウザ「Opera」が、開発サイクルの次の段階へと歩を進めた。ベータテストが終わり、最終版がリリースされる前に、「Windows」用と「Mac OS」用のリリース候補第1版(RC1)が提供された。これは、恐れを知らないOperaファンにとって、どういう意味があるのだろうか?

 Opera Softwareは、今回のアップデートで大量のバグを修正した。したがって、これまで「Opera 9.5」ベータ版の安定性の問題を気にして試用を控えていたなら、今回のバージョンははるかに魅力的に映るはずだ。また、今回のRC1では、すべてのPOPアカウントから電子メールの本文をダウンロードする機能を修正したほか、新しいスキンの採用や、「Opera 9.2」からのアップグレードの簡便化といった改良を施している。Mac版では特に、スキンの変更と「Mac OS X 10.2」へのサポートで改良が加えられている。

 OperaはDownload.comで人気がある。モバイル機器を含むクロスプラットフォームでの互換性を重視し、「Firefox」や「Internet Explorer」の代替品を求めている人なら、ダウンロードして試す価値はあるだろう。

 しかし、Download.comに掲載されたOperaによる説明を読むと、今回のRC1でもまだ安定性の問題が残っているようだ。したがって、最終版がリリースされるまでに、さらに改良したリリース候補版が公開される可能性が高い。

Opera 9.5用の新しいスキン Opera 9.5用の新しいスキン
提供:Opera Software

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]