編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

アップル、「QuickTime 7.5」を公開--5件の脆弱性を修正

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2008-06-11 13:00

 Appleは米国時間6月9日、5件のセキュリティ上の問題を修正した「QuickTime 7.5」を公開した。これらの問題には、第三者が悪意あるコードを遠隔操作によって実行できるセキュリティホールなどが含まれる。

 問題の1つは、攻撃者によってPICT画像ファイルに埋め込まれたコードが実行され得るというもので、「Windows Vista」や「Windows XP SP2」を実行するPCに影響を及ぼす可能性があった。

 他の4つの問題は、VistaとXP SP2のほか、「Mac OS X」(10.3.9、10.4.9〜10.4.11、10.5以降)にも影響を与えていた。新版のQuickTime 7.5では、AACメディアコンテンツを処理する際にメモリ領域が破損する問題、PICT画像に関連したヒープバッファオーバーフロー、「Indeo」ビデオコーデックを使用したコンテンツの処理に関連するスタックバッファーオーバーフロー、URLの問題が修正されている。最後のURLの問題は、ファイルを実行せずに「Finder」や「Windows Explorer」で開くことによって対処した。

 詳細情報はAppleのウェブサイトに公開されている。

 これらのさまざまなセキュリティ上の問題を報告したのは、Secunia ResearchのDyon Balding氏、NGS SoftwareのDave Soldera氏とJens Alfke氏、SymantecのLiam O Murchu氏、TippingPointの「Zero Day Initiative」に取り組む匿名の研究者、McAfeeの研究機関Avert LabsのThomas Mohandas氏とRahul Mohandas氏、TippingPointのZero Day Initiativeに携わるGnucitizenのPetko D. Petkov氏だ。

 Appleは2008年4月、QuickTimeの「危険性の高い」多くのセキュリティホールを修正した「QuickTime 7.4.5」を公開していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]