編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

IPアドレスが不正防止に役立つのはなぜ?(その1)(ZDNet Japanブログより)

サイバーエリアリサーチ

2008-06-13 11:48

 サイバーエリアリサーチが作成しているIP Geolocationデータベースは、IPアドレスと位置情報を結びつけ、Webサイトの訪問者が「どこからどうやって」インターネットに接続しているか、という情報をご提供するデータベースです。

 まったく境界がないように見えるインターネット空間ですが、ここに実世界の位置情報を持ち込んで国境や県境を引くことを可能にします。 この情報、 オンライン犯罪防止の上でとても重要な役割を果たしています。

 今回はその一例としてネットバンキングやECサイトでのIP Geolocation利用についてお伝えします。 24時間利用可能でどこでもサービスが受けられるなどの利点から、利用者が年々増加しているオンラインショッピングやバンキングですが、便利になってゆく影で不正引き出しや不正取引などのオンライン犯罪が急増中なのです。

 なぜIPアドレスの位置情報が不正対策に役立つのでしょう??

全文はこちら--「「ズームイン!IPアドレス」ちょっとドメインも」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]