スパコントップ500ランキング発表--PS3のCell採用のIBM「Roadrunner」が首位

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年06月19日 06時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地球環境に優しいテクノロジにとっては良い知らせだ。世界最速のスーパーコンピュータは、最もエネルギー効率の高いスーパーコンピュータでもある。ドイツのドレスデンで開催されている「International Supercomputing Conference」(ISC)において、スーパーコンピュータの最新トップ500ランキングが現地時間6月18日に発表された。

 同ランキングリストでは、年に2回、商用スーパーコンピュータの上位500が名を連ねる。31回目のランキングリストとなる、2008年初の発表において、世界でトップのスーパーコンピュータの栄冠に輝いたのは、米エネルギー省のロスアラモス国立研究所に納入された、IBM製の「Roadrunner」である。Roadrunnerは、1.026ペタフロップス(FLOPS)で動作する、世界初のスーパーコンピュータである(1ペタフロップスは、毎秒1000兆回の演算を行える処理能力を意味している)。

 以前のランキングリストに目を向けてみると、同じくIBM製となる、ローレンス・リバモア国立研究所の「BlueGene/L」が、208.6テラフロップス(1テラフロップスは毎秒1兆回の演算を行える処理能力を意味している)を記録して、2007年6月のスーパーコンピュータランキングで首位を飾っている。BlueGene/Lは、478.2テラフロップスの最大処理速度で、今回は2位につけている。

 興味深い事実としては、米国の貯蔵核兵器をモニターするために使われる、この世界最速のスーパーコンピュータは、まるで「PLAYSTATION 3(PS3)」にステロイド剤を用い、強化したかのような製品であるという点が挙げられる。Roadrunnerは、ソニーのPS3に使われているCellプロセッサを改良して製造された、IBMの市販のブレードサーバである「QS22」がベースとなっている。また、Roadrunnerには、Advanced Micro Devices(AMD)のx86プロセッサが採用されており、世界初のハイブリッドスーパーコンピュータともなっている。

 Roadrunnerは、全体で278台の冷蔵庫大となるサーバラックに納められ、6562個のAMDのデュアルコアのOpteronプロセッサと、1万2240個のCellプロセッサがつながれている。

 IBMは、10位までのシステムのうちの5つを占め、500システムのうちでも210システムを占めて、スーパーコンピューティング業界で優位を保っている。しかしながら、Hewlett-Packard(HP)との差はわずかなもので、HPは、8位に入った、インドのプネに拠点を置くComputational Research Laboratories(CRL)が所有する「EKA」など、500システムのうちの183システムを占めている。

 他にもトップ10の中には、4位にSun Microsystemの「Ranger」が、5位にCrayの「Jaguar」が、7位にSGIの「Encanto」が、10位にSGIの「Altix」が名を連ねている。

 以下はTOP500が発表した2008年6月現在のスーパーコンピュータランキングでトップ10にランクインしたシステム。ランキング全てをご覧になりたい方はこちら

スーパーコンピュータトップ500ランキングトップ10(2008年6月)
順位導入先(国)システム(メーカー)スコア(TFLOPS)
1DOE/NNSA/LANL(米国)Roadrunner - BladeCenter QS22/LS21 Cluster, PowerXCell 8i 3.2 Ghz / Opteron DC 1.8 GHz , Voltaire Infiniband(IBM)1026.00
2DOE/NNSA/LLNL(米国)BlueGene/L - eServer Blue Gene Solution (IBM)478.20
3Argonne National Laboratory(米国)Blue Gene/P Solution(IBM)450.30
4Texas Advanced Computing Center/Univ. of Texas(米国)Ranger - SunBlade x6420, Opteron Quad 2Ghz, Infiniband (Sun Microsystems)326.00
5Oak Ridge National Laboratory(米国)Jaguar - Cray XT4 QuadCore 2.1 GHz(Cray Inc.)205.00
6Forschungszentrum Juelich(ドイツ)JUGENE - Blue Gene/P Solution(IBM)180.00
7New Mexico Computing Applications Center(米国)Encanto - SGI Altix ICE 8200, Xeon quad core 3.0 GHz(SGI)133.20
8Computational Research Laboratories, TATA SONS(インド)EKA - Cluster Platform 3000 BL460c, Xeon 53xx 3GHz, Infiniband(Hewlett-Packard)132.80
9IDRIS(フランス)Blue Gene/P Solution(IBM)112.50
10Total Exploration Production(フランス)SGI Altix ICE 8200EX, Xeon quad core 3.0 GHz(SGI)106.10

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化