編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

富士通とサン、クアッドコア「SPARC64 VII」搭載サーバ4種を発表

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-07-15 12:33

 Sun Microsystemsと富士通は、クアッドコアプロセッサ「SPARC64 VII」と、同プロセッサを搭載したサーバ4種を発表した。

 今回、富士通とSunが発表したエンタープライズサーバは、「Sprac Enterprise M4000」「同M5000」「同M8000」「同M9000」の4種。これらには新型クアッドコアSPARC64 VIIチップが搭載されている。SPARC64プロセッサの製造、設計は富士通が担当している。SPARC64 VIIは、従来のSPARC64 VIプロセッサに比べ、消費電力は44%低く、処理性能は80%向上しているという。

SPARCのロードマップ

 また開発プロセスは、SPARC64 VIの90nmプロセスに対し、SPARC64 VIIには、より高度な65nmプロセスが採用されている。

 Sunはマルチコアにはなじみがある。マルチコアとは、1つのチップに複数のプロセッサコアが集積されている状態を指す。SunのUltraSPARC T2プロセッサでは、1枚のシリコン上に8コアの集積が可能だ。つまり、UltraSPARC T2は、1コア当たり8スレッド(独立して実行可能なプログラムの単位)で、計64スレッドが実行可能ということになる。業界最大手のIntelですら、これほどのプロセッサはまだ開発していない。

 SPARC64 VIIプロセッサを搭載したSPARC Enterpriseサーバシリーズは、大規模データベース、データウェアハウジング、エンタープライズリソースプランニングといった、可用性が求められる、ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションをターゲットにしている。

 富士通とSunによると、既存のSPARC Enterpriseサーバもプロセッサを新型SPARC64 VIIチップに交換することにより、シームレスにアップグレードが可能だという。また、SPARC VI、SPARC VIIチップは、シングルドメイン環境下で自由に組み合わせることが可能だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]