編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通とSun、クアッドコア「SPARC64 VII」搭載の「SPARC Enterprise」新モデルを販売開始

田中好伸(編集部)

2008-07-14 20:46

 富士通と米Sun Microsystemsは7月14日、クアッドコアプロセッサ「SPARC64 VII」を搭載したUNIXサーバ「SPARC Enterprise」の新モデル「M4000」「M5000」「M8000」「M9000」の計4モデルの販売を開始したことを発表した。

 今回の4モデルは、1CPUあたり4コア・8スレッド、最大動作周波数2.52GHzのSPARC64 VIIを搭載。従来機と比較して1.8倍の性能向上を実現しているという。最上位モデルのM9000では、最大64CPU、256コアの構成が可能になっている。

 SPARC64 VIIは、1コアあたりの消費電力を前世代の「SPARC64 VI」と比べて44%削減しているという。従来から提供している仮想化機能である「ハードウェアパーティショニング」や「Solarisコンテナ」で、SPARC64 VIIの性能・拡張性を活用することで、最適なサーバ仮想化・サーバ統合の環境を実現できるとしている。

 SPARC64 VIIは、SPARC64 VIと同じアーキテクチャで開発されており、SPARC64 VI搭載の既存サーバにSPARC64 VIIを追加することが可能になっている。SPARC64 VIとのCPU単位での入れ替えも可能となっており、既存のサーバ資産を有効活用しながら、システムの性能を向上させることができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]