編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

サン、第4四半期決算で大幅な減益

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部

2008-08-04 13:17

 Sun Microsystemsは米国時間8月1日、第4四半期決算(2008年4月〜6月期)を発表した。米国の成長が減速する中、売り上げと利益が減少したと同社は述べている。

 Sunが自社の株式買戻し計画を10億ドル拡張すると発表し、またウォール街の修正予測を上回ったものの、同日午前の取引で同社株価は14%下落し、9.10ドルとなった。

 6月30日締めである同四半期中のSunの売上高は、前年同期比1.4%減となる37億8000万ドルだった。Thomson Financialによるアナリストの予測調査によると、同四半期はウォール街の修正予測に達していたという。

 この四半期の純利益は8800万ドル、1株当たり11セントであり、前年同期の3億2900万ドル、1株当たり36セントから大幅に下落した。

 Sunは、この四半期の非GAAPベースの純利益は2億7500万ドル、1株当たり35セントであると発表した。Thomson Financialによると、ウォール街ではSunの1株当たりの利益が25セントであると予測していた。

 Sunの通期での売上高は138億8000万ドルで、0.1%の微増となった。非GAAPベースの純利益は前年の約10億ドルから11億ドルに改善した。

 最高経営責任者(CEO)であるJonathan Schwartz氏は声明で、「世界的な見地から見れば順調に成長しているにもかかわらず、米国での業績悪化が売上高の伸びに影響を与えた。今後の展望としては、オープンソース製品の導入を増やすことで、オープンソースイノベーションが成長戦略を加速させることに依然として自信を持っている」と述べた。

 同社株式はこの約1年間で値が下がり、また2007年に発表した30億ドルの自社株買戻し計画の終了が近づいており、自社株買戻し計画の10億ドル拡張を発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]