編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

わたしの100日ルール--新任マネージャーは最初の100日が勝負

文:John McKee(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-09-01 12:17

 新たにリーダーに就任すると、その役割を果たすためにじっくり仕事に取り組もうと考える人は多い。しかし、こういったアプローチは最悪なものとなる可能性がある。本記事では、マネージャーやリーダーとして成功し続けるためのひと味違ったアプローチについて紹介している。

 残念な事実に目を向けてほしい:新任リーダーのほとんどは、周囲の期待に添うような実績を上げることができないのだ。

 新任リーダーは、次期米国大統領であろうと、新任の部門長であろうと、最近任命されたチームリーダーであろうと、期待されている、あるいは望まれている通りの結果を出せないことになりがちである。

 しかし、あなたはこの轍を踏まなくても済むのだ。そのために、本記事で紹介する100日ルールを覚えておいてほしい。

 わたしは、新任者にはすべからく「蜜月期間」というものがあると考えている。調べたところによると、どのような経緯で新たな地位に就こうと(昇進や異動、転属、採用、選出など)、その就任に手を貸した人々のほとんどは、新任リーダーに期待するものなのである。彼らは新たなリーダーによってプラスの変化がもたらされることを望んでいるのだ。また、新任リーダーが指揮していく人々も、そのリーダーにうまくやってほしいと望んでいるはずなのだ。実際のところ、あなたがリーダーの地位に就任した場合、その地位を狙っていた人を除き、あなたと出会う人々はたいてい、あなたなら前任者よりも良い結果を出してくれるだろうという大きな期待を抱いているはずなのである。

 そして、このことは良い知らせでもあり、悪い知らせでもある。つまり、あなたが速やかに実質的な変革をもたらしたり、士気を鼓舞することができなければ、反感を持つ者たちがぞろぞろと出現するということを意味しているのだ。しかも、この「速やかに」はせいぜい100日、つまり約3カ月しかないのである。この期間を過ぎると、あなたはもう新任者ではなくなるのだ。新任者でいる間は、人々の好意と肯定的な感情を追い風にすることができる。そしてそれによって障壁を減らし、よりスピーディに行動することができるのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]