編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、検索ログのIPアドレスを早期に匿名化

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-09-10 06:58

 欧州の監査機関からの圧力を受けて、Googleは、IPアドレスの保存期間を半分に短縮する。

 Googleが、公式ブログへの投稿で明らかにしたところでは、サーバ上に保存される、IPアドレスなどの検索データのログは、匿名化されるまでに、これまでは18カ月を要していたものの、新たに9カ月後に匿名化される方針に変更されるという。

 欧州委員会(EC)の諮問機関は2008年に入って、各検索エンジンは、ユーザーの個人情報に関わる収集データを、6カ月後には削除するように求める意見報告書を出していた。

 Googleは当時、この提案は「正確な検索結果やシステムのセキュリティ、統合性への懸念といった点も含めて、高品質の製品サービスをユーザーに提供する」企業能力に悪影響を及ぼす可能性があると反論していた

 Googleは米国時間9月8日、欧州連合(EU)の監査機関に対して、回答書(PDFファイル)を提出しており、投稿ブログの中で、「この数カ月間の努力が実を結び、当社のエンジニアは、より早期にIPアドレスの匿名化を実施しつつ、一層有用なデータを保持する手法の開発に成功した」と述べている。

 また、Googleで国際プライバシー担当弁護士を務めるPeter Fleischer氏は、「われわれはまだ詳細な実施内容を明確に把握できていない。これまで18カ月後に実施していたのと、まったく同じ手法を用いて匿名化を行うことはできないかもしれないが、実効性の高いものとなるべく最善を尽くすことを約束する」と語っている。

 Googleは、現在の18カ月後の匿名化方針を、2007年に導入した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]