編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

iPhone 3G購入者の3割が携帯電話会社を乗り換え--NPD調査

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-10-07 08:39

 Appleの「iPhone 3G」は、明らかに2008年夏のトレンドであったようだ。NPD Groupが米国時間10月6日に発表したリポートによると、新たにiPhone 3Gを購入した人の3割は、これまで使っていた携帯電話キャリアとの契約を解消したという。

 米国内では、2007年6月に初代iPhoneがリリースされて以来、AT&Tが独占的にiPhone対応のキャリアとなってきた。

 6月から8月が調査対象期間となる、今回の発表リポートによれば、iPhone 3Gを購入するために、新たにAT&Tに移ってきたユーザーのうち、47%はVerizon Wirelessから、24%はT-Mobileから、19%はSprintから転入してきた。

 NPD Groupの業界アナリストディレクターであるRoss Rubin氏は、「初代iPhoneによっても、新たにAT&Tはユーザーを獲得することができたが、より高速なネットワークスピードを特徴とするiPhone 3Gにより、すでに3Gネットワークを利用しているユーザーに、一層魅力的な端末となったことが示された」との声明を出している。

 これとは対照的に、6月から8月の間に、携帯電話ユーザー全体で、キャリアを移行した人の割合は、約23%にとどまった。

 NPDによると、同時期に最も販売台数の多かったスマートフォン機種は、AppleのiPhone 3Gであり、その後に、Research In Motion(RIM)の「BlackBerry Curve」および「BlackBerry Pearl」、Palmの「Centro」が続いている。

 3G版が発売される前は、AppleのiPhoneが、2008年初めにスマートフォン市場の11%を占めていた。3Gの発売後に、この数字は17%まで跳ね上がった。

 Rubin氏は「より安価なiPhone 3Gの発売は、コンシューマー向けスマートフォン販売市場全体を押し上げるものとなった」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]