編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビープラッツ、SaaSやソフトウェアのライセンスを管理する「SaaSplats」の最新版を提供開始 - (page 2)

CNET Japan Staff

2008-10-24 06:00

 SaaSplatsには、ソフトウェア提供の契約締結から請求課金、契約変更、契約更新の案内、期間満了、再契約更新といった契約のサイクルを一元的に管理する機能が備わっている。アカウントはオーナー、エージェント、エンドユーザーの3階層にわかれており、ソフトウェアベンダーがオーナーとなって、販売会社にエージェントのアカウントを提供し、販売会社は自分の販売先であるクライアントにエンドユーザーのアカウントを提供するわけだ。

 たとえば、オーナーとなるソフトウェアベンダーは、ソフトウェアのライセンスの期限が切れる顧客に対して、直接ライセンスの更新を促すメールを送ることもできるし、あるいは、販売会社の営業担当者に対してライセンスの更新を顧客にアプローチしてもらうように促すようなメールも送れる。このような柔軟なシステムによって、販売会社の営業促進や顧客へのライセンスの更新につなげられる。

 SaaSplatsの他の利用形態としては、システムインテグレーターのような企業がオーナーとなり、社内の営業担当者をエージェントなるようなシナリオなども想定されている。

 そもそもビープラッツは、藤田氏を含め、ソフトウェアのライセンス販売を行う三井物産の社内ベンチャーだったライセンスオンライン(現在はソフトバンクBBの100パーセント子会社)の創業者が集まって起業された会社だ。そのためソフトウェアのライセンスの販売については熟知しているのだと藤田氏は言う。

 今後、ソフトウェアの提供形態はサービス型へとシフトしていくのは時代の流れでもある。このときのプラットフォームとして、SaaSplatsをはじめとしたソリューションを提供していくことをビープラッツは目論んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]