MS、「Windows 7」プレベータ公開前にパッチリリース

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-10-28 13:08

 ロサンゼルス発--Microsoftは米国時間10月27日、技術者向け会議「Professional Developer Conference(PDC)」で28日に公開予定のソフトウェアに対し、セキュリティパッチをリリースした。

 Microsoftは28日、「Windows Vista」の後継OSである「Windows 7」のプレベータバージョンをPDC 2008出席者に提供する予定だ。

 セキュリティアップデートによると、「認識されたセキュリティ上の問題により、認証されたリモート攻撃者は、Microsoft Windowsベースシステムを危険にさらし、制御を奪うことが可能になる」という。

 6000人以上の参加者が、Windows 7を手にしながら売り切れとなった同イベントを後にする予定である。その場合、これら参加者が、今回のセキュリティホールを悪用した攻撃者に対して脆弱となる可能性があった。

 Microsoftの広報担当者は、「Windows 7としてPDCで配布予定のコードは、先週のセキュリティアップデートが開発される前にCDに入れられた。そのため、アップデートを含んでいなかった」と電子メールのコメントで述べた。「しかし、プレベータをインストールすると、Windows Updateからアップデートを得るようにうながされる。これはちょうど、他のWindowsユーザーと同じだ」(Microsoftの広報担当者)

 セキュリティパッチは22日に利用可能となり、緊急レベルのセキュリティホールはWindows 2000、Windows XP、Windows Server 2003に影響していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]