編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

プログラマーを採用する際に重視すべき10の資質

文:Justin James(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-11-04 08:00

 プログラマーが有するスキルには大きな幅があり、彼らの出身国や文化もさまざまであるため、プログラマーの素性や経歴というものはそれぞれ異なっているはずである。とは言うものの、プログラマーの優劣に大きな影響を与える資質というものも存在しているのだ。そこで本記事では、プログラマーを採用する際に重視すべき資質を10個選んで解説する。

#1:好奇心

 優秀なプログラマーはものごとを「ありのままに」捉えるということをしない:彼らは、きちんと動作しているように見えるものに対しても、詳細を学ぼうとその中身に深く踏み込んでいくのである。そして彼らがそういった態度をとることで、存在すら明らかになっていなかった問題が解決されることも多々あり、それは通常、深刻な問題を解決する早道なのである。こういった考え方を身に付けていないプログラマーはたいてい、自らが行っていることとその理由を理解するための根本的な知識を身に付けることができないことになり、それは目隠しをした状態で働くようなものなのである。応募者がかなり内気でない限り、好奇心を持っている場合には面接時にそれが前面に強く現れてくるはずである。

#2:論理的な思考能力

 当たり前のことだと思われるかもしれないものの、プログラミングには論理的な思考が要求されるのである。「2 + 2 = 4」という計算ができる人は普通にいても、「2 + x = 4」という式から「x = 2」という答えを導き出せる人の数はそれよりも少ないのである。私が数学や科学をしっかり学んだプログラマーを優先して採用したいと常々考えている理由がここにある。数学や科学に造詣の深い人の方がプログラミングに秀でていることも多いとはいえ、数学や科学の知識の深さというものが論理的なスキルの指標となり得ることも多いということが重要なのである。私は応募者と仕事内容について話をする際、あえてすべてを口に出さず、相手がその内容を把握できるかどうかを見てみる場合がある。また、採用時にきっちりしたかたちで試験を行うのであれば、その際に論理的な思考能力の有無もテストするのが良いだろう。

#3:速読力と理解力

 これまた当たり前のことであるものの、プログラマーの生産性という観点で見た場合、コードのタイピング速度はあまり重要ではない。プログラマーの1日の大半は、読むという作業に費やされるのである。その対象は他人のプログラムや、コード例が掲載されているウェブサイト、ドキュメント、プロジェクトの仕様書などさまざまである。読むのが遅い、あるいはさらに悪いことに読んだことを理解できないプログラマーは、役に立たないばかりか、危険な存在ともなり得る。仕様書を誤読し、間違えたことに気付かずに3週間も無駄にするような人間など、チームにいてほしくないはずだ:プロジェクトの利害関係者にそういった遅れを説明するというのは、ばつの悪いことである。ただし、読むというスキルを採用時に評価することは、きちんとした評価手段を採らない限り難しいだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]