編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

iPhoneをワイヤレスモデムとして利用--AT&Tが2009年に提供開始か

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-11-07 07:51

 AT&Tワイヤレス事業部の責任者であるRalph de la Vega氏は、2009年中にも、iPhone 3Gユーザーが、iPhoneをワイヤレスモデムとして利用可能になるだろうと、米国時間11月6日に語った。

 6日のWeb 2.0 Summitにおいて、同氏は、TechCrunchのMichael Arrington氏との会話の中で、このコメントに言及した。「テザリング」によって、iPhoneをノートPCに接続して、iPhoneのモバイルデータ通信によるインターネット接続を確保する機能は、これまでiPhoneユーザーが搭載を望んできた機能ではあるものの、おそらくは膨大なトラフィックの流入で、ネットワークが麻痺してしまうことを恐れて、AT&Tは提供に及び腰になっていた。

 AT&Tが、いつテザリングの新サービスを開始するのか、現時点では明らかにされていない。2009年中のいずれかの時点が、唯一スケジュールとして言及されているようだ。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は10月に、あるGizmodoの読者に電子メールを送り、AppleとAT&Tが、iPhoneのテザー機能に関する計画に、力を合わせて取り組んでいることを伝えたとされている。しかしながら、2008年中に、Nullriver Softwareという企業が、iPhoneユーザーに対して、ノートPCでテザリングを実現する「NetShare」と呼ばれるアプリケーションを、ごく短い期間だが販売していたことがある。iPhoneを販売する世界各地の他のキャリアの中には、テザリングを許可しているケースもあるという事実が存在し、NetShareは、開発者プログラムの契約条件などに、まったく違反していないと主張してきたにもかかわらず、Appleは、NetShareをApp Storeから削除した。

 もしテザリングが正式に許可されるならば、NetShareは、再びApp Storeに戻ってくるのだろうか?または、ちょうど「iPhone 2.2」のソフトウェアアップデートで、搭載が予想されるポッドキャストのダウンロード機能のように、開発者からのアプリケーションを承認しなかった後で、Appleは、独自にソフトウェア開発を進める計画なのだろうか?われわれは先行きを見守るしかなさそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]