インテル、独占禁止法違反の疑いについて欧州委員会に対抗措置

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一 2008年11月28日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州委員会から独占禁止法違反の疑いをかけられているIntelが対抗措置をとった。

 欧州委員会は2008年7月、Intelが欧州チップ市場における立場を濫用し、小売業者に対して、競合するAdvanced Micro Devices(AMD)のチップを購入しない見返りに報奨金を出したと非難していた。今週、欧州連合(EU)の官報「Official Journal of the European Union」に掲載された告知によって、Intelが現地時間10月10日、欧州委員会に対抗して欧州第一審裁判所に申し立てを行ったことが明らかになった。

 Intelはいくつかの主張を行っているが、中でも、欧州委員会の主張と「直接的に関連性がある」と同社が言う書類(特にAMDからの書面)を、欧州委員会が入手することを拒んだとされる点について不服を申し立てている。またIntelは、「これらの書類が提供されなければ(異議申し立てに)適切な対応ができない」とする同社の主張を退けた調査官の決定を無効にするよう裁判所に求めている。

 加えてIntelは、これらの書類に対応するため、同社が受領した日から起算してさらに30日の猶予を要求し、欧州委員会が費用を負担するよう求めている。

 Intelによると、調査官の決定に法的な誤りが含まれており、その点が正されなければ同社は適切に自らの立場を守れないという。

 「第2に、疑義のあるこの決定は、差別的で不公平な調査を欧州委員会が続行することを許すものであることから、明らかに違法だと(Intelは)主張する」と、同社は申立書に記している。

 EU競争委員会で広報を担当するNeelie Kroes氏は11月27日、ZDNet UKの取材に応え、「第一審裁判所において、この件に関する(自らの)立場をもちろん主張する」と述べた。Kroes氏はIntelの申し立てについて、独占禁止法違反の調査は続行中であり、調査結果に対する裁判所の決定ができるだけ早く下されることを期待する、と答えるにとどめた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化