編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

UTMアプライアンス製品、2012年には脅威管理アプライアンス市場の9割に

吉澤亨史

2008-12-03 14:41

 IDC Japanは12月1日、国内セキュリティアプライアンス市場に関する動向および予測を発表した。2007年から2012年までの年間平均成長率(CAGR)は5.2%となる見込みだ。また、2008年の脅威管理アプライアンス市場は、前年比7.0%増となるものの、出荷台数の伸びが出荷金額を上回る見込みで、製品価格が低下していく傾向にあるという。

 セキュアコンテンツ管理アプライアンス市場は、2008年で前年比23.8%増となる見込み。スパム対策や情報漏洩対策としてメッセージングセキュリティ製品への需要が高く、市場が伸びている。2007年から2012年までのCAGRは15.3%の高成長率で、内部統制対策や情報漏洩対策への高い需要を背景に市場が拡大するというる。

 UTM(統合脅威管理)アプライアンス市場は、2008年に前年比31.0%増と高い伸びを示した。2007年から2012年までのCAGRは15.9%と引き続き大きく伸びる見込みだ。今後はUTMアプライアンスへの製品の集約化が進み、脅威管理アプライアンス市場の出荷台数におけるUTMアプライアンスの割合は、2012年には90%近くを占めるという。セキュリティアプライアンス市場を牽引する製品になりそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]