日本の前に中国で経験を積む:InfoWatchのCEOがDLP市場を語る

渡邉利和 2008年12月10日 20時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアのDLPベンダーであるInfoWatchは、Kaspersky Labの関連会社であり、Kaspersky Labのエンジニアがスピンアウトして設立した企業だ。

 Kaspersky Labはアンチウイルスソフトなど、インターネットに代表される外部からやってくる脅威からPCや情報を保護する製品に注力している。しかし、InfoWatchは「企業の内部脅威に対応する製品も必要ではないのか」と考えたKaspersky Labの一部のエンジニアがソフトウェアを試作。これが同社の出発点となった。

 現在、InfoWatchは内部脅威から機密情報を保護するDLP(Data Leakage Protection:情報漏えい対策)ソリューションベンダーとして、ロシアではリーダーの地位にある。モスクワで開催されたKaspersky International Press Tourの会場で、InfoWatchのCEOであるNatalya Kaspersky氏に、DLP市場の現状と日本市場への参入計画について聞いた。

Kaspersky Labの共同創業者で現在は取締役会の会長も務めている、InfoWatchのCEO、Natalya Kaspersky氏 Kaspersky Labの共同創業者で現在は取締役会の会長も務めている、InfoWatchのCEO、Natalya Kaspersky氏

――DLP市場は今どういう状況か?

 DLP市場はまだ始まったばかりの初期段階で、まだまだ発展途上というところです。DLPソリューションベンダーには、誰もが認めるような明確なリーダーは存在していません。

 いくつかの国では、DLPソリューションの導入がまだ難しいと感じています。たとえばフランスでは、市場においてDLP自体の認知が極めて低く、だれもまだDLPについて語り始めていないような状況です。

 実は、DLPソリューションベンダーの間でも「DLPとは何か」という点で一致した見解はないのが実情で、それぞれのベンダーがそれぞれにとって都合のよい定義を採っているような段階なのです。ドイツは比較的、DLPの受け入れが早い国だと言えますが、それでもユーザー企業数としてはごくわずかといえる数しかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化