編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

世界不況はサイバー犯罪の好機--米マカフィーが年次調査報告書

吉澤亨史

2008-12-12 18:33

 マカフィーは12月11日、米McAfeeによるサイバーセキュリティに関する年次調査報告書「McAfee Virtual Criminology Report」を発表した。サイバー犯罪者は個人ユーザーの不安や懸念につけ込んでおり、世界不況が不正行為の温床となっていると警鐘を鳴らしている。

 McAfee Virtual Criminology Reportは、主要研究者、刑事弁護士、世界中の警察当局、セキュリティ専門家からの情報提供により、新たに生じているサイバーセキュリティの世界的傾向を調査し、報告書にまとめたもの。今回のレポートでは、5つの課題を取り上げている。

 課題のひとつ目は「サイバー金融不安」。サイバー犯罪者は個人ユーザーの不安を利用し、「楽に金銭が手に入る」と呼びかけて悪性コードが仕込まれたサイトにサインアップさせる詐欺で儲けている。また、職探しに必死な求職者が「国際営業マン」「発送担当マネージャ」という名目で、サイバー犯罪者の儲けの資金洗浄をするために「マネーミュール(金の運び屋)」として採用されている。

 景気低迷によって人々がより惑わされやすくなるにつれて、サイバー犯罪の攻撃チャンスは増加している。2つ目の課題は「政治的混乱」。政府が景気低迷に重点を置くと、サイバー犯罪撲滅運動が政府の検討議題から外れ、サイバー犯罪の深刻度を増す機会が生じるという。

 3つ目は、最前線にいる捜査官がサイバー犯罪と効果的に闘うために必要な専門的技術を持っていないという「サイバー捜査官の不足」、4つ目は、ロシアと中国がサイバー犯罪にとって安全な避難場所になっている「隠れた犯罪行為」を課題としている。

 5つ目の課題は、サイバー犯罪が国を超えて急速に協働する一方で、警察当局は物理的な国境に縛られており、各国間の意思疎通には依然として一貫性がないという「情報サイロ:問題の急速な拡大」とのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]