編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IPA、TCP/IPに関する脆弱性検証ツールの機能を強化

吉澤亨史

2009-01-08 18:58

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月8日、「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」の機能を拡張した。同日よりCD-ROMで貸し出している。

 このツールは、新たに開発されるソフトウェアに脆弱性がないよう、機知の問題を検証できるというもの。2008年2月6日に公開されていた。

 今回の機能拡張では、IPv4環境における「IPヘッダオプションのデータ長が0のパケットの問題」、IPv6環境における「十分に小さい分割パケットがフィルタリングをすり抜ける問題」「パケット再構築時にバッファが溢れる問題」「ICMPヘッダでカプセル化されたパケットがファイアウォールを通過する問題」を検証できるようにした。

 また、ツールの機能拡張に合わせて、「TCP/IPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」も改訂し、第4版をIPAのウェブサイトで公開した。具体的には、1999年頃に公表され現在でも注意が必要とされている「IPヘッダオプションのデータ長が0のパケットの問題」と、2007年に公表された「IP経路制御機能(ソース・ルーティング機能)によりサービス不能状態に陥る問題」を追加している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]