編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

モジラ、「Ubiquity」最新版をリリース--安定性を強化

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-21 15:33

 Mozillaは米国時間1月19日、ブラウザ内コマンドラインツールのような拡張機能「Ubiquity」の最新版を発表した。機能強化の多くは「安定性」の改善を目的としたものだが、外観もダークカラーに大きく改善されている。シンプルなCSSを利用した新しいスタイリングシステムにより、誰でも概観を変更できるようになった。製品が成熟するにつれ、ユーザーがデザインしたテーマがアドオンサイトに加わるかもしれない。

 新版では外観を一新したことに加え、「Firefox 3」の「awesome bar」と同じ技術が取り入れられている。これはユーザーが過去に利用したコマンドの一部を記憶する技術で、コマンドの入力にかかる手間を省いてくれる。たとえば、Ubiquityに元から入っている、Wikipedia内検索の機能を頻繁に利用する人は、Ubiquityで「w」と入力すれば、頻繁に利用するオプションとしてこの拡張機能が表示されるだろう。

 まだUbiquityを使っていないのなら、最新版を試してみることをお勧めする。これまでのリリースからかなり進化しており、使い方を覚えれば本当に役に立つ。また将来のバージョンは、さらに使いやすくなり、技術に明るくない人でもアプローチしやすいものになるだろう。なお、Mozillaは現在、コンテキストメニューのように、マウスでメニューコマンドを容易に選択できるよう強化を図っているところだ。

Ubiquity

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]