編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IT専門職の2008年の平均給与は前年比4.6%増--米調査

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-01-23 15:20

 2008年のIT専門職の平均給与は、前年比4.6%増の7万8035ドルだった。IT職専門求人サイトDice.comが米国時間1月22日にリリースした調査結果から明らかになった。

 現在、米国では企業がレイオフや賃上げの凍結を相次いで発表しており、中にはAdvanced Micro Devices(AMD)のように一時的な賃金カットを実施する企業もある。このような状況下で、今回の調査結果が発表された。

 この調査は、2008年8月から11月にかけて実施され、1万9000件以上の回答が寄せられた。その結果、一部のセクターや職種では給与の増加率が前年比で上回ったことが分かった。

※クリックすると図が拡大されます

 セキュリティアナリストの2008年の平均年収は前年比8.4%増と大幅に増加した。これに、ソフトウェアエンジニアは7%増、アプリケーション開発者は6.6%増と続いている。

 Dice.comの最高マーケティング責任者(CMO)であるTom Silver氏は、「ハイテク分野で必要とされるスキルは次々と変わる。そして、雇用主も最先端のスキルを持つ人材の必要性を認識している」と話している。

 同氏によると、雇用者は結果として、高度な技能、特に会社のコスト抑制に寄与する技能の持ち主を、たとえ高給を支払ってでも雇用することに積極的だという。

 セクター別では、2008年に給与の増加が最も大きかったのはコンピュータハードウェア部門で、平均で前年から9.4%増加した。インターネットサービス部門が8.8%増で続き、医療/製薬業界は7%増だった。

 しかし、確かに2008年にIT職の給与は平均で4.6%増加したが、求職者にとって2009年はさほど幸運な年ではないかもしれない。

 「別の調査で、2009年にIT職の給与はどうなるか、雇用主らの考えを尋ねてみた。その結果、回答者のおよそ25%が、新規採用者の給料を減らすと答えた」(Silver氏)

 Silver氏は、この結果を踏まえ、2009年にはIT職の給与の全体的な増加は減少すると見ている。しかし、同氏はどの程度減少するかの予測は示さなかった。

 2006年のIT職の給与は前年比で1.9%増だった。2004年は前年と比べて2.6%の減少だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]