編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

IPA、なりすましメールを使った攻撃の分析資料を公開

吉澤亨史

2009-02-09 13:48

 独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月6日、アプリケーションソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃が発生していることから、これらの攻撃の実体の把握と対策を促進するための資料「ソーシャル・エンジニアリングを巧みに利用した攻撃の分析と対策」を公開した。IPAのサイトからダウンロードできる。

 ソーシャル・エンジニアリングとは、盗み聞き、盗み見など、人間の心理や行動の隙を突くことで情報を不正に取得する手段の総称。IPAでは2008年4月16日に、IPAセキュリティセンターになりすまして、マルウェアの仕掛けられたファイルが添付されたメールが出回ったことを確認し注意喚起した。この攻撃は、メールの差出人や本文を信憑性の高いものに偽装し、日常的にメールに添付されるPDFファイルにマルウェアを仕掛けたもの。このような場合、メールの受信者が受信したメールから攻撃の存在を推測することは非常に困難であるため、事前の対策および脅威の可視化が重要となる。

 今回公開した「ソーシャル・エンジニアリングを巧みに利用した攻撃の分析と対策」(全8ページ)では、このケースと同様の攻撃への対策を促進するため、攻撃の概要、分析結果、対策などをまとめている。IPAでは今後、発生する可能性のある新たな脅威についても調査分析を継続し、対策を発表していくという。

 なおIPAでは、このような不審メールの情報収集、および予防・対処方法などの情報提供を目的とした「不審メール110番」相談窓口を設置している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]