編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「iPhoneの脱獄は著作権侵害に当たる」--アップルが主張

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-02-16 12:15

 電子フロンティア財団(EFF)によると、Appleは先ごろ、米著作権局に対し、「iPhone」のジェイルブレイク(脱獄)はデジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反であると同時に、同社著作権も侵害しているとの考えを示したという。

 Appleは、基本的にiPhoneで使用可能なアプリケーションに制限を設け、公認の配信元であるApp Storeから入手したアプリケーションしかインストールできない仕組みにしている。iPhoneの脱獄とは、この制限を迂回する行為を指す。EFFは現在、iPhoneの所有者らに代わって著作権局に対し、この脱獄に対するDMCAの適用を免除するよう働きかけている。Appleはこれに対し、著作権局に対する回答の中(PDFファイル)「で、iPhoneの脱獄は著作権侵害に当たり、DMCAの適用免除には同意できないと述べている。

 現在、広く利用されている脱獄手法では、著作権で保護されたブートローダとO)にAppleが許可していない修正を加えるため、それらのプログラムの著作権を侵害することなる。例えば、(EFFの提出書類でも挙げられている)現在最も利用されているiPhone向け脱獄ソフトウェア「PwnageTool」は、修正されたブートローダとOSをiPhoneにインストールする。その結果、Appleの複製物と派生的著作物に関する権利が侵害される。

 EFFは、iPhoneの脱獄は公正使用の原則の下で保護されているとし、さらに「細工(ハッキングとも言える)の文化は、われわれの技術革新経済の重要な要素であるため、著作権局は(脱獄に対するDMCAの)適用を免除すべきだ」と主張している。Appleはこれに対し、脱獄済みiPhoneユーザーのうち、実際に自分で脱獄した者はほとんどおらず、大半は他人が作成したソフトウェアをダウンロードして脱獄していると反論している。

 ただ、脱獄済みiPhoneを使用している場合でも、Appleがユーザーに対して個別に何かすることはないだろう。Appleは、Psystar訴訟でも同様の主張をしたが、筆者が使用しているOpen Computerはまだ誰からも没収されていない。しかし、Appleは今後、脱獄が有害無益であるとの認識を高めようとする可能性はある。アプリケーションの密造を阻止する手段として、未脱獄iPhoneでしか動作しないソフトウェアの開発について、iPhone開発者らによってすでに話し合いがもたれている

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]